セフレ募集出会い体験談

セフレ募集の出会い体験談を紹介しています。

神待ちしていた女とセフレ関係になった時の出会い体験談

   

出会い系サイトには神待ちしている女が結構いる。神待ちしている女というのは家出している女の事だ。少し前に流行った言葉だが、未だに神待ちしている女は出会い系で見つけることができる。今回は神待ちしている女をセフレにすることに成功したので出会い体験談を語ろうと思う。

神待ちしていた女とセフレになった

神待ち女を見つけたのは出会い系サイトのアダルト掲示板だった。いつものようにアダルト掲示板でセックス相手を探していると、神待ちしている女を見つけることができた。

神待ち女はもちろん家出中との書き込みをしている。中を覗いてみると、家出していて、食べるものにも困っている状態だと書いてあった。きっと泊まるところもないのだろう。俺は神となるべくその女にメールを送った。

「掲示板みました。今すぐにでも会いに行って食事できますがどうですか? 」

するとすぐに返事があり、今すぐにでも来て欲しいとの事だった。

待ち合わせ場所に行くと、彼女は寒そうにしながら待っていて、とても可哀想な気持ちにもなった。見た目はギャルっぽくて、いかにもといった感じ。

簡単にヤらせてくれそうな雰囲気をもっていた。

すぐに温かい場所に連れて行き、食事をご馳走した。いつもは友だちの家か、ネカフェに泊まっているらしいが、今日は泊まるところもないと言う。

ホテルに連れて行くのもいいが、ホテルだとそのまま、1日で終わってしまいそうだったので、家に連れて帰ることにした。ちょうど家は引っ越したばかりで綺麗だったのも良かった。

家に着き、風呂に入らせてから、一緒にテレビをみたり、お酒を飲んだりして話を盛り上げた。

お酒を飲ませてセックスしようという魂胆だ。

 

ある程度酔っ払ってきたので、体をくっつけるとまんざらでも無い感じだったのでそのままキスをしてベッドに押し倒した。おっぱいはCカップほどあって良い形をしており、マンコの毛も少なかったのがとても良かった。

体を十分愛撫すると喘ぎ声をだし、凄く濡れていた。

その日は朝まで一緒にいて、何度も彼女のマンコを触り手で何度もいかせた。俺は一回しかいけない体質なので(笑) 彼女には楽しんでもらった。

それでも、彼女は行くところが無いと言うので、「家にいていいよ」というと喜んでいるようだった。

それからというもの彼女はずっと家にいて、家のことをしてくれている。毎晩セックスをして、セフレ状態。そろそろ飽きてきたのでどうしようかと迷っている(笑)

 - セフレ募集体験談 (男性) , , ,